新・八ヶ岳西麓日記

八ヶ岳西麓の信州・諏訪盆地から、蝶、ルアーフィッシング、日本酒など、マイクロフォーサーズで撮影した写真と共に掲載します。

シータテハ

フサフジウツギに集まる蝶

▼ ミンミンゼミ
ミンミンゼミ
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO

今日も良く晴れましたが
15時頃から雲が多くなっています。
最高気温は31.6℃の真夏日、
最低気温は18.3℃でした。
渓谷のフサフジウツギに集まる蝶を
見に行ってみました。
今日は釣竿を持たず蝶探しに専念したためか
当地では比較的珍しいアオバセセリを
これまでで最も多い数見ることができました。
クジャクチョウも例年より多く見られました。

▼ メスグロヒョウモン
メスグロヒョウモン1
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO

▼ ウラギンヒョウモン
ウラギンヒョウモン1
ウラギンヒョウモン2
ウラギンヒョウモン3
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO

▼ ミドリヒョウモン
ミドリヒョウモン1
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO

▼ キバネセセリ
キバネセセリ01
キバネセセリ02
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO

▼ クジャクチョウ
クジャクチョウ01
クジャクチョウ02
クジャクチョウ03
クジャクチョウ04
クジャクチョウ05
クジャクチョウ06
クジャクチョウ07
クジャクチョウ08
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO

クジャクチョウ10
● OM-D E-M1 Mark2
● M.ZD ED 8-25mm F4.0 PRO

▼ イチモンジセセリ
イチモンジセセリ1
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO

▼ アオバセセリ
アオバセセリ01
アオバセセリ02
アオバセセリ03
アオバセセリ04
アオバセセリ06
アオバセセリ07
アオバセセリ08
アオバセセリ10
アオバセセリ11
アオバセセリ13
アオバセセリ14
アオバセセリ15
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO

▼ シータテハ
シータテハ1
シータテハ2
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO

▼ アカタテハ
アカタテハ1
アカタテハ2
アカタテハ3
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO

▼ サカハチチョウ
サカハチチョウ1
サカハチチョウ2
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO

▼ スジボソヤマキチョウ
スジボソヤマキチョウ
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO

▼ キベリタテハ
キベリタテハ1
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO

▼ ヒメクロホウジャク
ヒメクロホウジャク
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO

▼ 今日の蓼科山 10:41
蓼科山1041
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO

シータテハ、ホオジロの親子

▼ 虹
虹1
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 8-25mm F4.0 PRO

今日は早朝と夕方降雨があり
最高気温は30.0℃の真夏日、
最低気温は21.1℃でした。
午後近所の溜池に行ってみました。
工事は終了したようです。

▼ シータテハ
シータテハ1
シータテハ2
シータテハ3
シータテハ4
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO

▼ ホオジロ
ホオジロ1
ホオジロ2
ホオジロ3
ホオジロ4
ホオジロ5
ホオジロ6
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO

▼ 今日の蓼科山 10:49
蓼科山1049
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO

ツマキチョウ、ヒメギフチョウの卵

▼ ベニシジミ
ベニシジミ
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-14

今年はヒメギフチョウを
まともに撮影できませんでしたが、
初めて卵を発見、撮影できました。
来年はここで張っていれば撮影できるのだろうか?

▼ ヒメギフチョウの卵
ヒメギフチョウ01
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-14

ヒメギフチョウ1
● STYLUS TG-4 Tough

▼ ウスバサイシン
ウスバサイシン1
ウスバサイシン2
● STYLUS TG-4 Tough

▼ スギタニルリシジミ
スギタニルリシジミ1
スギタニルリシジミ2
スギタニルリシジミ3
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14

スギタニルリシジミ4
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-14

▼ トラフシジミ
トラフシジミ1
トラフシジミ2
トラフシジミ3
トラフシジミ4
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-14

▼ ツマキチョウ
ツマキチョウ01
ツマキチョウ02
ツマキチョウ03
ツマキチョウ04
ツマキチョウ05
ツマキチョウ06
ツマキチョウ07
ツマキチョウ08
ツマキチョウ09
ツマキチョウ10
ツマキチョウ11
ツマキチョウ12
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-14

▼ スジグロシロチョウ
スジグロシロチョウ1
スジグロシロチョウ2
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-14

▼ シータテハ
シータテハ
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-14

2020 第ニ十六回釣行

▼ 渓流
渓流

前日までの雨も上がり
(降り始めから37.0ミリ)
禁漁前最後の日曜日はダメもとで
ホームリバー上流部に行ってみました。
久しぶりの手前区間を
1時間ほどミノーで釣り上り、
案の定反応が無いまま
解禁日に尺上が出たラストポイントへ到着。
ミノーでは反応がなくスプーンにチェンジ。
二投目にいい感じでポイントをトレース、
白泡を越えたところで
ドンと出てグイ、グイっと首振り。
尺上の雄岩魚を無事キャッチ。

イワナ
イワナ32
イワナ 32cm
○ DEVELOP SHELL 5g
○ SINGLE HOOK
≪ タックル ≫
● interBORON XX IBXX-66MT
● '10 CERTATE 2004
● GT-R Trout Edition 4LB

今シーズンのホームリバーは
大苦戦になりましたが、
初めと終わりが良かったので
全て良しとします。

▼ 渓流
渓流2

▼ 紅葉
紅葉

▼ フジアザミ
フジアザミ

▼ スジボソヤマキチョウ
スジボソヤマキチョウ

▼ シータテハ
シータテハ

▼ 今日の蓼科山 11:05
蓼科山1105

● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO

近所の蝶

▼ ゴマナ
ゴマナ

今日も曇りがちというか視程が悪く
PM2.5の濃度が69μg/m3(諏訪測定局)
まで上昇していました。
気温は30.3℃と真夏日になりました。
通院は今日で終了、
昼過ぎに近所に蝶を見に行ってみました。

▼ トラフシジミ
トラフシジミ

▼ ジャノメチョウ
ジャノメチョウ

▼ シータテハ
シータテハ1
シータテハ2

▼ イチモンジチョウ
イチモンジチョウ1
イチモンジチョウ2

▼ ヒメジャノメ
ヒメジャノメ

▼ オオミドリシジミ
オオミドリシジミ

▼ アサマイチモンジ
アサマイチモンジ1
アサマイチモンジ3

▼ コノシメトンボ
コノシメトンボ1
コノシメトンボ3
コノシメトンボ4

▼ アサヒナカワトンボ
アサヒナカワトンボ

▼ マユタテアカネ
マユタテアカネ

● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14

▼ 今日の蓼科山 13:58
蓼科山1358
● OM-D E-M1 Mark3
● M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO
記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

投票ボタン


ブログランキング・にほんブログ村へ
ギャラリー
  • 2023年旧暦1月の月
  • 2023年旧暦1月の月
  • 2023年旧暦1月の月
  • 2023年旧暦1月の月
  • 2023年旧暦1月の月
  • 2023年旧暦1月の月
  • 2023年旧暦1月の月
  • 2023年旧暦1月の月
  • 今日の蓼科山 2023-15
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ